RECRUIT - 社員インタビュー
ビジネスディベロップメントディレクター

先端企業の成長支援を通じて、インキュデータの新ソリューションモデルを紡ぎ出す

ビジネスディベロップメントディレクター
荒木 聡

大手SIerに入社後、上流工程を手掛けるエンジニアやコンサルタントとして活躍。その後大手ITベンチャー、事業会社を経て2019年4月よりインキュデータの設立に参画。

先端企業への支援を皮切りに、インキュデータの新ソリューションを紡ぎ出す

前職では、モバイルやデータに特化した新規事業や事業開発を手掛けていました。新規サービスのアプリを作ったり、O2O(Online to Offline)の事業開発やデータ分析事業を新規事業として立ち上げたり、在籍中にありとあらゆる取り組みを行いました。

そして2019年4月、設立準備のフェーズでインキュデータにジョインしました。大規模なデータを扱えることと、ソフトバンク、博報堂、Arm Limitedの3社の座組に魅力を感じて、入社を決めました。

現在は、これまでの経験を活かす形で「ビジネスデベロップメントディレクター」のポジションに就いています。端的に言えば、インキュデータの新規ソリューションを開発する業務です。現在のお客さまは、ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)の投資先などを含めソフトバンクグループ内で先進的なテクノロジーを用いてビジネスを立ち上げようとしている企業が中心です。インキュデータの強みであるCDP(Customer Data Platform)だけにとらわれず、事業のスケールを加速させる打ち手を提案して、実現に向けてともに走り切ることがミッションです。

社内外の豊富なアセットを活用することで、新しいソリューションモデルを探し当てる仕事

仕事の流れは、お客さまの課題を解決するために必要なテクノロジーと人材要件を整理して、予算や組織体制も考慮した形で、最適なソリューションを提案する所から始まります。既存の枠にとらわれずに、課題解決のために今何が一番必要なのかを探し当て、成功に向けてそれを一緒に組み立てていく仕事だと考えています。

また、これからのビジネスをスケールするためにカギとなるのはデータ活用だ、とも考えています。デジタルとリアルのマーケティングに長けたインキュデータの知見を活かすことで、より確実にお客さまの事業をドライブさせることができる。そう信じています。

目の前のお客さまではなく、エンドユーザを見る
その大切さはある苦い経験から学んだ

この仕事をする上で、最も強く心掛けているのは、目の前のお客さまでだけではなく「最終的に利用されるエンドユーザまで意識し、正しく知ること」です。その背景には、若手の時に経験した大きな苦い経験があります。

それは、クライアントとの綿密なヒアリングの上で作ったものが、実際にリリースされたところ、エンドユーザに全く受け入れられなかったという経験です。

それ以来同じ経験をしないよう、常にお客さまの課題を解決するためには何が一番必要かを想像しながら、提案活動を行っています。

もうひとつ大切にしているのは、短期的なソリューション提案や納品だけをゴールとしない事。お客さまのビジネスの成功のために目の前の事をゴールとせず、信頼関係を築きながら長期にわたってお付き合いをさせて頂けるかどうかが重要だと考えています。

新規事業や既存事業の改革は、正直、壁にぶつかることが多いと思いますが、そこからが勝負です。当事者意識を一緒に持って成功までやり切る。そのスタンスは常に大切にしていますね。

スペシャリストが集う場
それがインキュデータの組織文化の魅力

インキュデータという会社には、とても優秀な人が本当に多いと感じています。ソフトバンク、博報堂、Arm Limitedの3社から、データ活用のスペシャリストが集まっているので、これまでのキャリアで出会えなかったような人たちと仕事ができていると感じています。様々なバックグラウンドを持つ人材が在籍している一方で、お互いの信頼関係を保ちつつ前向きな議論を行えるのもインキュデータの魅力です。

困難な時こそ、それを楽しみ「やり切れる人」と働きたい

一緒に働いてみたいと思う人は、「やると決めたらやり切れる人」ですね。お客さまに何があろうと、自分に何があろうと、最後までやり切ることができてこそ、新規事業は形になるからです。

失敗が見えた瞬間にストップしてしまうのは簡単です。そこからのリカバリーをどこまで必死に考えて実行できるかで、ビジネスデベロップメントとしての価値が決まると考えています。諦めない。他人任せにしない。とにかく最後までやりきる当事者意識を持つ。強い想いを持ちながら、事業開発を進めることができる人であれば、インキュデータには豊富な機会がありますし、自らも大きく成長できると思います。

もう一つ、「ビジネスとテクノロジーの両方に興味がある人」には、あらゆるチャンスが提供できると思います。インキュデータは、ビジネスとテクノロジー、その両面への興味と知識が大いに活かせる環境です。

データビジネスは、ビジネスとテクノロジーの双方の最先端が交わるフィールド。このフィールドのさらに進んだ未来をつくるのが、このポジションのミッションです。 ぜひ、一緒に未来をつくりましょう。

※こちらのインタビューは、2020年3月に行いました