RECRUIT

革新的な「データビジネス」を通じて、企業のDXをリードする

企業のデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)を加速させ、社会にインパクトを与えていく──。2019年9月、ソフトバンクはそうした思いから、Arm Limited(以下、Arm)、株式会社博報堂とタッグを組み、「インキュデータ株式会社」の設立を発表しました。今回は、事業の中核を担うコアメンバーとして5つのポジションを募集。インキュデータのビジョンやいまジョインするからこそ得られるキャリアの価値について、インキュデータの代表取締役社長である藤平大輔と、取締役の町田紘一の2名に話を聞きました

インキュデータ 代表取締役社長 藤平 大輔

今回の募集について

今回の募集は、今後ますます市場ニーズの高まっていくDX領域、データマーケティング領域のリーディングカンパニーを目指す会社における、立ち上げメンバーの募集となります。これから仲間になっていただく方には、単なる大企業でもベンチャーでもないインキュデータだからこそ、そして立ち上げ初期のいまだからこそ得られる、会社や事業をつくる醍醐味を体感していただけるでしょう。

また、ソフトバンク・ビジョン・ファンドの投資先とのJVを次々と設立するなど、新たな領域に挑戦し続けるソフトバンクで働くなかで、これまで培ったスキルや経験を一層磨くチャレンジングな環境をご用意できると確信しています。

例えば、直近で検討しているものとしても、ソフトバンクが保有する各種データのマーケティング活用や、子会社化したヤフーとのシナジーなど、今後もさまざまな取り組みを予定しています。ぜひ、事業拡大に向けて一緒に成長していきましょう。

求める人物像

大規模なエンタープライズビジネスのDXを推進していく際には、クライアントの組織や既存ビジネスの常識と対立することもあります。大局的に物事を捉え、関係各所に配慮したコミュニケーションを取りながら、顧客の信頼を勝ち取っていけるバランス感覚のある方に来ていただきたいですね。

テクノロジーとマーケティングの両輪でクライアントの事業変革をリードしていく存在として、「クライアントワークができるコミュニケーションスキルを持った人」「社内外のステークホルダーと連携して仕事が進められる人」はもちろん、「ディレクションだけではなく、手を動かせる人」「会社の立ち上げ期に主体的に関われる人」「不確実性に対して前向きに楽しめる人」を歓迎します。特定の業界で培った知識・スキルや、リーダーシップ・マネジメントスキルを発揮し、事業を推進していく気概のある方を求めています。

得られるキャリア価値

市場からのニーズが高い半面、突出したプレーヤーが確立されていないDXコンサルティング領域において、インキュデータで経験を積むことは「テクノロジーとマーケティングの両輪で課題解決ができるコンサルタント人材」へと成長する近道となりうるでしょう。また、幅広い企業や数多くの案件を通じて、プロフェッショナルスキルを発揮することで、これまでの経験やスキルをより昇華させていくことができるはずです。

日々発展を続けるテクノロジーとマーケティングの領域で、DX課題に挑戦し続けることのプレッシャーは大きいものですが、データマーケティングの最先端にじかに触れ、課題解決の成功例を自ら積み上げながら吸収できることは、ソフトバンク・Arm・博報堂の3社による合弁会社だからこそ得られるキャリアと言えるでしょう。

自ら関わったプロジェクトを通じて、顧客企業のデジタルシフト、ひいてはその先にいる人々の生活におけるデジタルシフトをリードすることにより、社会貢献していくというキャリアのなかでも希少な経験ができると確信しています。共に、新たなチャレンジに向かいませんか。

インキュデータ 取締役 町田 紘一

DX領域にいま最も必要なのが、プロデューサーの役割を担う「ストラテジスト」

企業の多くは、まだDXに手をつけたばかりで、なにが正解なのか見えていないような状況です。しかし、その分ニーズも高く、私たちの事業価値を発揮しやすく、これからますます需要が高まっていく領域なのは間違いありません。

そうしたなかで今回募集する「ストラテジスト」は、顧客のマーケティング改革やDXといった大きなテーマに対して、プロジェクトの中心となって関わり、チーム全体を推進していくプロデューサーの役割を担います。

従来のSI業界では、営業サイドと開発サイドに分かれており、プロデューサーという概念がありませんでした。しかし現在は、ビジネスの課題を特定して、テクノロジーの要件に落とし込み、両者の橋渡しをしながら推進する人が求められはじめています。特に、DX領域はプロデューサーが必須の環境といえるでしょう。

DXとは、企業活動のデジタル化であり、企業活動とは大ざっぱに言ってしまえば「マーケティング」です。マーケティングの最終的な目的は売ることにありますから、システムを作るエンジニアとそのシステム上でマーケティングを実行するビジネスサイド、マーケターをつなぐ人材が重要になります。技術的なトレンドにアンテナを張りつつ、ビジネスとして成功するのかも判断し、作る人と売る人の間で適切にコミュニケーションを取りながらマネジメントできる方。そうした人こそが、DX領域にいま最も必要な人材なのです。

DX戦略を具体的な戦術に落とし込むスペシャリスト「コミュニケーションプランナー」

DXの実行フェーズにおいて、もう一つ重要な役割を担うことになるのが「コミュニケーションプランナー」です。プロデューサーであるストラテジストと並走しながらDX戦略を具体的な戦術、すなわちコミュニケーションプランに落とし込み、KPIの設定や、PDCAサイクルを回すことでKPI達成のためのデータ分析を行う広告・CRM領域のスペシャリストです。

昨今コミュニケーションシナリオ策定において、デジタルとリアル領域を横断した統合コミュニケーションが前提になってきています。日々、生活者のデジタルへの接点は増え続けていますし、常時接続があたりまえになってくるとオフラインだった行動も含めて、全ての行動データがオンライン化し、IDに関連付けけられるようになっていきます。すでに生活者の感覚としても、オフラインとオンラインを区別しないようになってきていると思います。

高頻度接点による行動データを基に、顧客体験向上のためのPDCAサイクルを回すこと。最適なタイミングで、最適なコンテンツを、最適なコミュニケーション形態で提供すること。 行動データに基づいた「顧客理解」と「即時性」の重要度が高まっています。いままで主流であった属性フォーカスのコミュニケーションだけでなく、状況フォーカスのコミュニケーションの観点を取り入れながら顧客体験を設計していくという、まさにマーケティングの最前線を切り開いていくようなミッションにやりがいを感じ、挑戦を楽しんでいただける方を求めています。

技術面からセールス活動とプロジェクトを支援する「ソリューションアーキテクト」

今回募集するもう一つのポジションである「ソリューションアーキテクト」は、ストラテジストが描いた顧客のDX全体戦略をシステム要件に落とし込み、マーケティングシステム導入の技術的な営業支援と環境構築支援をリードする役割を担います。

インキュデータで必要とされる技術は、いわゆるWebサービス企業で必要とされるものよりもエンタープライズ寄りです。ミドルウエアや基盤ソフトウエアについてのスキルや興味がある人はもちろん、オープンソースに関心を持っている人は大歓迎です。テクノロジーの母体となるトレジャーデータはオープンソースを大事にしている会社なので、普段から興味関心や関わりがある方だとなじみやすいと思います。

もう一つ、大きなポイントとして、自分の持つ技術的知見やその価値を言語化できる能力が大切になります。顧客の課題に対してチームでトライアルを重ねていくので、コミュニケーション力は欠かせません。気さくで親しみやすく、技術的な話をビジネスサイドのメンバーに対しても分かりやすく伝えることができる。そんな柔軟な方に、仲間になっていただきたいです。

インキュデータ オフィス風景