エンドユーザの変化から考える小売業の次世代のビジネスモデルとデータ活用とは

入力
確認
完了

近年、テクノロジーの進化や働き方・生活スタイルの変化に加え、マーケットプレイス事業者の台頭やメーカのD2C事業などにより消費者の購買行動は多様化し、小売事業者は販路としての存在だけではなく、新たな価値の提供が生き残りをかけた命題となっています。

本稿では小売事業者が持つ強みを活かし、小売事業での新たな価値の提供を実現する方向性やアプローチについて紹介します。

 

主な紹介内容

01. 小売を取り巻く環境と求められる提供価値の変化

02. 目指すべき方向性とは

消費者に対する価値の最大化: 食品スーパーマーケット、ドラッグストア事業者

ブランド・メーカに対する価値の最大化: 百貨店、SC事業者

03. 新たな価値の創造・提供に向けたアプローチ

 

介在価値強化の方向性(記事抜粋)

WP015_overview.png

資料ダウンロード用フォーム

入力例:0312345678

目的 / 用途必須
個人情報の取り扱いについて新しいウィンドウが開きます必須