CASE

日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社 - CDPによる顧客理解の深化で KFCが目指すマーケティングの変革


#データ統合 #顧客体験創造 #データ基盤(CDP)構築 #データ収集

全国に1,000以上の店舗を展開し、数多くのファンを擁する日本ケンタッキー・フライド・チキン株式会社。

同社は創業50周年の節目の年である2020年度(2021年3月期)に過去最高の売り上げを記録し、現在はデジタルとデータの活用を経営戦略の1つとして位置づけ、CDP(Customer Data Platform 顧客情報基盤)による顧客データの統合・活用にも乗り出しています。

CDPによる顧客データの統合・活用によってマーケティングのあり方をどのように変革しようとしているのでしょうか──。戦略の全容をご紹介します。

目次

  1. 次の50年に向けてデジタル・データのさらなる活用へ
  2. KFCによるデジタル活用の軌跡
  3. CDPが必要とされた理由
  4. CDPによる顧客データ統合の実践
  5. インキュデータ採用の効果とは
  6. CDPの活用を顧客体験の良質化へとつなげる

 

図: KFCが構築を目指した顧客データ統合・活用基盤のイメージ

インキュデータ顧客事例 日本KFC 概要図

 

▼事例資料のダウンロードはこちら▼

『CDPによる顧客理解の深化で KFCが目指すマーケティングの変革』

CONTACT お問い合わせ

弊社のサービスに関するお問い合わせや、取材・メディア掲載についてはこちら。

弊社のプロダクト・サービスに関する資料、各種調査結果、ホワイトペーパーなどを無料公開。