SERVICE - データビジネスコンサルティング

データ統合の必要性

現在の企業活動においてオンライン・オフラインでの顧客接点が多様化する中で、それぞれのチャネル・システムごとにデータが散在しサイロ化することが、データ活用の阻害要因として挙げられます。
散在するデータを集約し統合することで、自社のビジネス状況を正確かつ迅速に理解し、また顧客体験の向上に必要な顧客理解の深化を行うことが可能となります。

データ統合の必要性

CDP(カスタマーデータプラットフォーム)とは

CDPとは顧客を理解するためにあらゆる顧客データをエンリッチ化し、活用できるプラットフォームです。
複数の部門やサービスごとに散財する顧客の属性データや行動データを顧客単位で統合することで、顧客を網羅的に把握し、マーケティング施策のコンバージョン率や購買予測精度の向上を実現します。
また、外部のデータやサービスとの連携により、高度なオーディエンス分析から各種マーケティング施策をシームレスに実行することができます。

CDP(カスタマーデータプラットフォーム)とは

CDPソリューションサービス

インキュデータでは、CDPの導入支援のみならず、CDPの活用に関するコンサルティングサービス・分析基盤の構築支援から、マーケティング施策の立案/実行/運用までをワンストップでご支援いたします。

CDPソリューション INCUDATA提供サービス

CDPソリューション活用事例

CDPソリューション活用事例