CDPとは?DMPとの違いと導入のメリットを紹介 -

INCUDATA Magazine_ID00317_CDP_サムネイル画像.png

近年、顧客一人一人に合ったマーケティングが重要視され、「CDP」という言葉を耳にする機会が増えているかもしれません。とはいえ、DMPとの違いや具体的なメリットが分からないという方もいるのではないでしょうか。本記事では、CDP概要と併せて、注目される理由や導入のメリットを詳しく解説します。

CDPとは

CDPとは「Customer Data Platform」の略で、「顧客データ基盤」という意味です。自社の顧客と適切なコミュニケーションを取るために、顧客に関するデータを記録・管理し、分析します。

インターネットやスマートフォンが普及し、さまざまなチャネルでの顧客接点が存在する昨今では、顧客情報が点在し、必要な情報が分断されているため、正確な顧客の行動やニーズの把握は難しいでしょう。

CDPは自社に点在しているさまざまな情報を統合・分析することで、顧客理解を深め正しくセグメンテーションすることが可能です。また、各種マーケティング・CRMツールとの連携により、顧客それぞれに適したアプローチを実現していきます。

顧客の数が多くなるとこのような取り組みも難しくなるのが実情です。CDPがあれば効率的なマーケティングが可能となります。

CDPが注目されている理由

ライフスタイルの変化やニーズの多様化への対応のため、成長が著しい企業は「企業中心」から「顧客中心」にシフトし、一人一人のお客さまのニーズに合ったone to oneのマーケティングやサービス提供を追求するようになりました。

一人一人のニーズに応えるには、行動変化を正確に把握した上で、顧客に寄り添ったコミュニケーションを取る必要があります。そのための手法として、部門ごとに独立して保持しているデータを統合し、ユーザ理解を深めることができるCDPに注目が集まっています。

CDP3つの機能

INCUDATA Magazine_ID00317_CDP_画像03

昨今、市場にはさまざまなCDP製品があります。細かい機能は異なるものの、顧客を理解するためのツールであることに変わりはありません。ここでは、CDPの主な機能であるデータの収集・統合・分析について詳しく解説します。

データの収集

CDPは顧客の嗜好や行動を分析するために、オンラインからオフラインまでさまざまなデータを収集する機能があります。以下はオンライン、オフラインに該当するデータの一例です。

    • オンラインのデータ

Webやアプリでの会員情報や行動履歴、購買履歴、広告に関するデータなど

    • オフラインのデータ

実店舗での来店情報や購買履歴など

オフラインのデータを取り込むには事前に処理が必要で、手間がかかる場合もありますが、オンラインとオフラインのデータを組み合わせることで、より広範囲をカバーした深いユーザ理解につながるでしょう。

データの統合

CDPはデータを集めるだけでなく、顧客に付与している自社のIDやメールアドレスをに、顧客データを紐付けて統合します。データを統合することで、「誰が・いつ・何をした」という情報に加えて、「どのようなカスタマージャーニーを経て購入したのか」といった行動の履歴が分かり、より精密な顧客プロファイルの作成に役立つでしょう。

データの分析・他ツールへのデータ連携

CDPの最も大きな役割は、収集や統合したデータを分析することです。Webやアプリ、ECや店舗といったさまざまな顧客接点から得た多様なデータを基にセグメンテーションや購買予測といった分析ができるのが大きな特長です。これらの分析をもとにWeb上での商品の出し分けやメール・アプリ配信のターゲット別リストの抽出などが可能になり、他のマーケティングツールなどと連携した施策が可能になります。

図1: Treasure Data CDPの連携先

INCUDATA Magazine_ID00317_CDP_Treasure Data CDPの連携先の図

CDPDMPとの違い

DMP(パブリックDMP)とは「Data Management Platform」の略で、ユーザの自社外でのデータを蓄積、管理するためのプラットフォームのことです。

DMPでは、ユーザが外部のどのようなサイトを閲覧したのかといったWeb上での行動履歴や趣味・嗜好・属性といった情報から、どの層にどの程度のボリュームが存在するのか、特定のターゲット層の有無などを確認できます。

具体的には属性、興味関心、ライフスタイル等を推定したオーディエンスデータ、自社顧客に似た外部の見込みユーザのデータ、位置情報といった匿名の外部データが取得対象です。自社と接点のない顧客へのアプローチに効果的で、新規顧客開拓に生かせるツールと言えるでしょう。

一方、CDPが扱うデータは自社に直接アプローチしたユーザデータです。具体的には、自社Webサイトやアプリへのアクセス状況や自社商品の購入履歴といった自社でしか得られない情報を扱います。つまり、CDPDMPの違いは、扱うデータがプライベートかオープンかという点です。

CDP導入のメリット

INCUDATA Magazine_ID00317_CDP_画像04

CDPを導入することで、データの一元管理によるユーザ像の把握や顧客ニーズに合った施策を打てるといったメリットが期待できます。ここでは、それぞれのメリットについて詳しく解説します。

複数のタッチポイントでのユーザデータを統合することで顧客像の理解を深められる

オンライン・オフラインのデータをユーザ単位で紐づけすることで、一人のユーザがさまざまなタッチポイントでどのような情報に接し、どのような行動をとったのかを深く理解することができます。

CDPでは個人のIDに情報を紐付けて管理できるため、一人のユーザ顧客がどのような経路で商品を検討・購入し、購入後はどんな行動をとったのかといった一連のカスタマージャーニーを正しく把握できます。

また、統合されたユーザデータを分析・分類することで、セグメント毎の適切なコミュニケーションが設計しやすくなります。

ユーザの実際の行動は、より具体的なペルソナ設定の材料になるため、新規顧客の開拓にも役立ちます。

他のツールと連携し、個別化された施策を打てる

CDPでは、統合されたユーザデータを分析やマーケティングなど各プロセスで迅速に活用するために、あらかじめ数多くのデータ収集元・活用先ツールと連携された状態でサービス提供されます。

ECプラットフォームや広告効果測定ツール、CRMなど、外部システムと自社保有データを連携する仕組みを一から構築するのは非常に工数のかかる作業です。

また、一度完成した基盤であっても、外部システムの仕様変更などによって突然連携が出来なくなり設定変更が必要になるなど、随時メンテナンスが発生するために、自社のみでデータ統合基盤を維持するのは保守コストが発生します。

CDPであればこうしたシステム連携の維持管理はサービス提供元にて実施されているため、利用企業は分析や施策実行業務に集中することができます。

他のツールと連携した施策の例としては、顧客が自社商品に興味を示すきっかけとなった広告やSNS、自社サイトのページを把握し、広告を出す媒体やタイミングの判断材料に利用できます。また、CRMMAなどのツールと連携させ、一人一人の顧客に対して購入時に求めている商品を紹介したり、購入後にメールやプッシュ通知で次回の利用を促進したりとタイミングに応じた提案が可能になります。

データを一元管理することで複数の部門で活用できる

部門ごとにデータを管理すると、「データが散在してどれが正しいものか分からなくなる」「複数の部門で並行して同じようなデータを管理する」といった事態を引き起こす恐れがあります。CDPを導入すれば、システムを横断したユーザデータの記録や管理が出来、複数部門で活用できるようになります。

ユーザデータを一元管理することで、マーケティングで得た情報を開発部門や営業部門といったさまざまな部門でも活用できるでしょう。

インキュデータはCDPの導入から活用までワンストップでサポートします

INCUDATA Magazine_ID00317_CDP_画像05

企業にとって、CDPの果たす役割は今後ますます重要性が増すでしょう。ここからは、次世代型CRMのデータ基盤となる新しいプロダクトを紹介します。CDPの活用フィールドはマーケティング領域だけにとどまりません。営業やカスタマーサポートにも拡張することで、企業の持つ顧客データはさらにリッチ化が可能です。

2つの業務向けプロダクト「Treasure Data CDP for Sales」「Treasure Data CDP for Service

インキュデータでは、トレジャーデータ株式会社が提供を開始した新しい業務向けプロダクトである「Treasure Data CDP for Sales」と「Treasure Data CDP for Service」の販売を開始しました。

マーケティングからセールス、アフターセールス、サポートまで、企業の持つデータの全てを統合、最適化しLTVの最大化を支援します。以下にそれぞれの概要をまとめました。

Treasure Data CDP for Sales

顧客情報をチャネル・組織横断で統合管理し、企業アカウント単位でデータを集約・可視化します。企業情報や契約情報、営業活動データなどと連携することで、企業における法人営業の高度化および強化を実現するデータプラットフォームです。

Treasure Data CDP for Sales のサービスページへ

Treasure Data CDP for Service

コンタクトセンター向けのデータプラットフォームです。コンタクトセンター・基幹システム・Web・アプリログ・店舗・位置情報などから得られる顧客データを包括的に管理し、コンタクトセンターソリューションとリアルタイムで連携することで、カスタマーサクセスの実現を後押しします。

Treasure Data CDP for Service のサービスページへ

CDPの効果的な活用はインキュデータにお任せください

CDPは顧客情報を個人のIDと結びつけながら一元管理できます。これらのデータを分析して共有すれば、より正確で効果的な施策や顧客コミュニケーションが可能になるでしょう。

ただし、CDPを活用した顧客理解や施策の高度化を実現するには、目的の設定や要件定義から始まり、データ統合や環境構築、施策に生かすためのデータ分析、運用といったさまざまなステップがあります。さらに、社内全体で運用に関する体制を持たなければなりません。

インキュデータでは、CDPの導入支援だけでなく、データ活用に関するコンサルティングサービスや分析基盤の構築支援、マーケティング施策の立案・実行・運用までワンストップで提供します。社内に散在するデータを活用したいなど、CDPの導入イメージが具体化する前でも、まずはお気軽にお問い合わせください。

CONTACT お問い合わせ

弊社のサービスに関するお問い合わせや、取材・メディア掲載についてはこちら。

弊社のプロダクト・サービスに関する資料、各種調査結果、ホワイトペーパーなどを無料公開。